ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関節リウマチランキング

リウマチで医大に転院 ~予約なのに長い待ち時間~

6 min 219 views
リウマチで 医大病院に転院! ~予約なのに 長い待ち時間~
目次

やっと医大病院、初診日

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

関節リウマチと診断された夫・Yukiharu

抗リウマチ薬「リマチル錠」、抗炎症薬「エトドラク錠」、痛みを和らげる効果のある抗うつ薬「サインバルタ」の服用を始めたものの、痛みが治まらず、医師に頼んで医大病院に転院することが決まりました。
また、転院するまでの間はステロイド薬「プレドニゾロン」の服用を始め、吐き気や全身の倦怠感等に悩まされていました。

そんな日々を過ごしながらも、やっと迎えた医大病院の初診日。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

やっと、医大病院の受診日だ!

きっと、本格的な治療が始まって、この痛みや倦怠感ともお別れ出来るに違いない!!

と、晴れ晴れとした様子!

とは言いながらも、全身の痛みや吐き気が強く、1人で動けるような体ではなかったため、私が仕事を休み、夫を医大病院に連れて行きました。

Pechiko

Pechiko

これまで、Mizuki(指定難病「全身性エリテマトーデス」の娘)を医大病院に通わせるために、転勤までしてこの町に来たのに、まさかYukiharu(夫)がこの医大病院に通うようになるとはねぇ・・・。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

本当だね・・・。

これまでは、自分がMizuki(娘)の付き添いでこの病院に来ていたのに、まさか自分が病気で通うようになるとは、思ってもいなかったよ。

元気が有り余るくらい健康だったのになぁ!

という会話をしながら、受付を済ませます。

受付で、

今日は混んでいますので、少しお待ちいただくことになると思います。

と言われ、周りを見てみると、確かにものすごい人の数・・・。

しかも、夫の受診する膠原病内科・リウマチ科は、他の科よりも待っている患者さんの数が多い・・・。

Pechiko

Pechiko

これは時間がかかるぞ・・・。

と、覚悟を決めて待ちました。

朝早い時間の予約だったので、すぐに診察してもらえるかと思っていたのですが、待ち時間の長いこと・・・。

1時間以上待たされて、やっと診察室に呼ばれたのでした。

診察では

初めての問診

診察室に呼ばれ、夫を担当してくれる医師と、初めて顔を合わせました。

Pechiko

Pechiko

わ、わ、若い・・・

第一印象が、それでした。
夫も全く同じことを感じていたそうで、失礼ながら、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

見た目が、随分と若いなぁ。
20代・・・?

医師歴は短そうだけど、大丈夫かな?
いや、医大病院で勤めているくらいだから、デキる医師だよね?
大丈夫だよね?

と、思ったそうです。

医師

医師

え~と・・・、個人病院からの紹介ですね。

関節リウマチと聞いています。

症状は、どのような感じですか・・・?

と聞かれた夫。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

全身が痛いんです・・・。

頭、首、肩、肘、手首、手の指、腕の筋肉、背中、腰、太もも、膝と膝周りの筋肉、足首、足の甲、足の指の付け根、足の指が痛いです。

あと、倦怠感や疲労感、吐き気がひどいです。
夜も痛みと不眠症で眠れません。

体の痛みや、めまい・ふらつき等もあって、歩くこともままなりません。

他にも・・・・・・・

と、身体の症状をいろいろと伝えました。
医師は、

医師

医師

えっ、えーと・・・。

右手中指の関節リウマチと聞いていたのですが・・・。

と、驚き困った様子・・・。

個人病院から届いた紹介状やカルテ等には、夫の詳しい症状が書かれていなかったのかもしれません・・・。

医師

医師

まず、関節リウマチについて調べたいので、レントゲンを撮ってみましょう。

と、あっさりと最初の問診が終了しました。

レントゲン検査と待合室

レントゲン室まで向かう途中、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

ねぇPechiko、今のお医者さんの反応、僕の体の詳しい症状について、知らなかったって反応だったよね・・・。

と、いぶかしい顔で夫が聞いてきます。

Pechiko

Pechiko

う~ん、確証は持てないけれど、そんな感じはだったよねぇ・・・。

と返答しました。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

大丈夫かな・・・。

と、夫は呟きながら、何か考え込んでしまいました。

レントゲンの受付を済ませ、待ちます。
さすがは医大病院です。混んでいるのです。
待ちます。
只々、待ちます。

しばらく待った後、ようやくレントゲン検査が行われました。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

個人病院と同じ、手と足のレントゲンを撮ったよ。

と戻ってきた夫が話し、また膠原病内科・リウマチ科の待合室へ・・・。

待ちます。
朝、来た時よりも更に混んでいて、待ちます。
とにかく待たされます。

疲れ果てて、夫も私もグッタリして、何度かうつらうつらとしてきます。
持っていった本を読みながら、たまに夢の中に旅をしながら、待ちます。

レントゲン検査が終わってから、1時間以上は待ったでしょうか?
やっと、夫の名前が呼ばれて、診察になりました。

診察では・・・

長~く待った後の診察。
レントゲンの画像を診ながら、医師は

医師

医師

レントゲンでは、右手の中指の第2関節に腫れが確認できますね。

その腫れも、レントゲンでは「関節リウマチ」と診断はできるものではありません。

それ以外の部位も、特に「関節リウマチ」と診断できません。

と話します。
夫は、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

はぁ・・・

と、答えるので精一杯・・・。
なぜなら、個人病院で、同じ検査を受け、同じことを言われていたからです・・・。

医師

医師

右で中指の第2関節の腫れは、関節リウマチの疑いがありますので、手の指のエコー検査をしましょう。

今日は、エコー検査ができる曜日ではないので別の日に行います。

えーっと・・・、
調べてみた結果、明日がエコー検査室が空いています。
急ですが、明日は病院に来られますか?

という流れで、翌日にエコー検査を行うことになりました。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

大丈夫です・・・。
明日、病院に来ることは出来ます。

と夫が答えると、医師は

医師

医師

明日はエコー検査のみ行います。

今の段階で、Yukiharuさんの体の状態が詳しく分かっていないので、個人病院で処方されていた薬を、同じように処方しますね。

次の受診は2週間後にしたいと思います。
2週間分の薬を処方しますね。

ただ、Yukiharuさんの体の状態を診た現時点で、ステロイド薬を使用する必要がないと、私は判断します。

ステロイド薬は処方しなくてもよろしいですか?

という確認があり、診察が終わろうとしています。

そんな様子に、夫は焦った様子で、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

先生、全身が痛いんです・・・。

手の指のエコー検査は分かりました。

でも、その他の痛みはどうしたらよいですか?
全身が痛いのですが、特に膝や膝周辺の筋肉、足首や足の指も痛くて痛くて・・・

それらは、関節リウマチではないのですか?

もし、そうでないのであれば、何か治療はないのですか?

と医師に尋ねます。

医師

医師

え~っと・・・。

今、レントゲンで確認できるのは、右手中指の第2関節が腫れていて、関節リウマチの可能性があるとしか言えないです。

足などは、レントゲンを診る限りでは、特に関節リウマチを疑うことが出来ません。

まずは明日、エコー検査をして、確認してみましょう。

と、何を聞いても、今日のレントゲンの検査結果でしか話が出来ない様子の医師・・・。
そんな医師に、もう、それ以上何を聞いても無駄だろう・・・、と察した夫と私。

諦めて、診察室を後にしました。

診察後の夫の諦め感・・・

診察室を出た夫が言います。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

今日は、もうあれ以上、あのお医者さんに何を言っても無駄だと思って、言うのを諦めたよ・・・。

薬も、個人病院で出されている薬と、変わらなかったし・・・。

はぁ~~~~~

と、諦め感が半端ありません・・・。

Pechiko

Pechiko

いやいや、そうは言っても、今日は最初の1歩。
1歩進んだよ!

確かに、いっぱい待って、思ったように診察が進まなかったけれども、明日はエコー検査だし、ちょっとずつちょっとずつ進むよ!

大丈夫!
大きな病院なんだから!!

少しずつ、進んでいこう!!
私が応援しているから!

と、何とか夫を慰め、会計へ・・・。

会計も混んでいます。
30分・・・、
1時間・・・、
と、ただ時は流れていきます。

また、会計だけで長~~い時間を待たされ、ようやく医大病院を出ました。
でも、それで今回の受診は終わらないのです・・・。

薬局に薬がない!?

医大病院の周辺には、沢山の薬局があります。
その中には、これまでずっと娘がお世話になってきた薬局があります。
薬剤師さんとは、もう長いお付き合いで、仲良くしてもらっているのです。

ですので、夫もその薬局にお世話になることにしました。

処方箋は、会計の前に医大病院からFAXで送信済み。
先に、薬を準備してもらっている手はずなのです。

さて、薬局に向かおうとしたその時・・・
スマホを確認すると、その薬剤師さんから、着信履歴があることに気が付きました。

すぐに電話をかけ直すと・・・

Pechikoさん!
旦那さんの処方箋、届きました!

すみません、実は、一部の薬が品切れで準備出来ないんです・・・
どこの薬局も、その薬が出荷調整で品切れになっていて・・・

それで、薬剤師の仲間に連絡をとったところ、その薬を置いてある薬局を見つけたので、今日はその薬局に行ってもらえますか?

と、わざわざご丁寧な対応をしてくださいました。
そんなこともあって、紹介してくださった別の薬局に行くことになりました。

その薬局では初めて行く薬局でしたので、夫が問診票に様々なことを記入します。
夫は、頭痛で倒れて緊急搬送されたこと、うつ病のことや関節リウマチのこと、現在使用している薬・・・、と記入する事項が多いのです。

問診票の記入にも時間がかかります。
薬局に後から入ってきた人が、先に薬を受け取ってその場を後にします・・・。

夫も、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

もう、疲れた・・・
この問診票、書かなきゃダメなのかな?

これを書くだけで、正直ヘトヘトだよ・・・

〇△◇※◎※▽◇@・・・

もう、夫が何を言っているのかは分かりませんが、ブツブツ文句を呟きながら、問診票に記入していました。

薬は準備してあったようで、問診票の記入が終わると、すぐに薬の説明を受けて、受け取りました。

まぁ、薬局だけで時間のかかること・・・。

やっとのことで、医大病院の受診から薬の受け取りまでを終えることができました。

まとめ

医大病院、初診日のまとめ

医大病院に転院し、初診の日。
夫の体調が悪かったせいもあり、私も同行しました。

娘の通っていた医大病院でもあったため、時間がかかることは覚悟していました。
でも、夫の受診の方が、はるかに待ち時間が長かったのです。

朝一番での受診予約でしたが、薬局を出たのは夕方過ぎ・・・。
空は暗くなっていました。

その日に分かったことは、夫の右手中指の第2関節が「関節リウマチの疑い」ということだけ。
次の日に、追加のエコー検査。

ほとんど丸1日を費やし、個人病院で診断されたことを、なぞって終了。

それが、医大病院の初診日の1日でした。

それでも、医大病院を受診した意義はある!

医大病院、只々待ち時間が長い・・・
というイメージがありますが、でも、医大病院だからこその良さもあるのです!

現在の夫は、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

医大病院に通えて良かったよ!

と言います。

確かに、医大病院は待ち時間は長いのは否めません。
ですが、それ以上に得るものがあるのです。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

医大病院に通っていなかったら、きっと、今の自分はないと思うよ!

別の病院だったら、ただの「関節リウマチ」って診断されて終わってしまって、全身の痛みについては診断・治療を受けられなかっただろうからね!

と言います。

そうなのです!
医大病院だったからこそ、夫は今の治療を受けることができ、回復に向かっているのです!

やはり、何か疑わしい病気がある時には、大きな総合病院を受診した方がよいのかもしれません。

夫に見つかった別の病気についての詳細は、今後、発信していきます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

⬇応援クリックお願いします!


関節リウマチランキング

⬇こちらも応援クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
管理人Pechiko

管理人Pechiko

長女が指定難病の「全身性エリトマトーデス(SLE)」を患う。長女の病気が寛解後、長男が「起立性調節障害(OD)」を患い、不登校になる。さらに夫は難病の「線維筋痛症(FM)」と「関節リウマチ(RA)」、「うつ病」を患う。元幼稚園教諭。その後は保育所や小学校の特別支援学級での勤務も経験する。現在は特別支援教育支援員・塾講師として、教育に携わっている。自己の経験を生かして、病気や不登校で学校に通えない子の教育について、発信していきたいと考えている。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA