ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この痛み、リウマチ?

3 min 195 views
この痛み、リウマチ?

指の関節が痛い

夫・Yukiharuのうつ病の治療も1年半が過ぎた頃のことです。

夫が不意に、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

なんか、右手の中指の第2関節が痛いんだよね・・・

と言い出しました。

Pechiko

Pechiko

どうしたんだろうね?
早く良くなったらいいね~!

と、最初は返事をしていました。
夫もそれ以降、その話題には触ずに過ごしていたので、私はすっかり良くなったものかと思っていました。

それから1ヶ月が経った頃、夫が

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

やっぱり、右手の中指の第2関節が痛いんだよね・・・。
よ~く見ると、少し腫れてきている気がするんだよね・・・。

と言うのです。

Pechiko

Pechiko

えっ、まだ痛かったの?
1ヶ月くらい前から、ずっと痛かったってこと?

何が痛くなるようなことした?

そう私が聞くと、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

う~ん、考えられるとしたら・・・

最近、僕、図書館から本を借りて読むようになっていたじゃない。
ずっと、本を持ちっぱなしだから、それで痛いのが続いているのかなぁ・・・?

と、言うのです。

Pechiko

Pechiko

そうなんだ・・・。
う~ん、確かにずっと本を持ち続けていたら、指も痛くなるかもねぇ・・・。
体に負担かけないように、無理しないで過ごしてね。

という会話をしました。
まさか、ずっと痛かったなんて思ってもいなかったので、ちょっと驚きました。
でも、その時はまだ、「どうしたのかなぁ・・・」くらいにしか思っていませんでした。

そして、それからさらに1ヶ月後

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

やっぱり、右手の中指の第2関節の痛みがとれなくて・・・。
見て、これ、明らかに腫れてるよね
左手と比べると、全然違うよね・・・。

と言うのです。
夫・Yukiharuの右手の中指を見てみると、明らかに腫れています。
それも、第2関節の辺りだけ・・・。

さらに、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

実は、左手の中指の第2関節も少し痛いんだよね。
そして、右足小指の付け根あたりが、痛くなってきて・・・。

と、いろいろな箇所の痛みを訴えます・・・。

うつ病の症状が少し落ち着いてきたのかと思っていたら、今度は痛みか・・・
と思いながらも、

Pechiko

Pechiko

ねぇ、ずっと痛み続いているんでしょ。
右手中指は、明らかに腫れているし・・・。
病院で診てもらった方がいいんじゃない?

と夫に伝えます。
すると夫も、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

うん、僕もそう思っていた。
さすがに2ヶ月間も痛みが続いているし、その痛みも強くなってきているんだよね・・・。
指の腫れも気になるし。
かかりつけの病院に行ってくるよ。
まさかとは思うけど、リウマチだったら嫌だなぁ。

と言い、すぐに病院にかかることになりました。

この時、私も夫も、まさかそれが本当に関節リウマチの症状であるとは、夢にも思っていないのでした・・・。

病院での検査では・・・

リウマチを疑う医師

夫・Yukiharuは、指の痛みを、かかりつけ医に診てもらうことに。
かかりつけの病院の診療科は、整形外科・リウマチ科もありました。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

2ヶ月程前から、右手中指の第2関節が痛くて・・・。
腫れもあって。
他にも関節が痛いので、診てもらいたいです。

と夫が説明すると、そんな短い説明だけで、医師はすぐにリウマチを疑ったようで、

医師

医師

血縁関係の中で、リウマチの方はいらっしゃいますか?

と聞かれたとのことでした。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

母の姉にあたる伯母がリウマチです。

ちなみに、娘は全身性エリテマトーデス(SLE)で、膠原病を患っています。

と、夫Yukiharuが答えると、医師はすぐに、

医師

医師

なるほど~。
それでは、レントゲンで痛みのある箇所を確認しましょう。
そして、血液検査もしましょう。

と、すぐにレントゲン検査と血液検査が行われたそうです。

検査の結果は?

腫れの見られる右手を中心に、痛みのある左手や足もレントゲンを撮ったそうです。

採取した血液については、個人病院であることから、検査に送って後日結果が届くと説明を受けました。

医師からは、

医師

医師

今日のレントゲンの結果では、まだリウマチとは診断できません。
ですが、右手中指の第2関節の腫れの様子を診てみると、リウマチの可能性はあります。

血液検査の結果が1週間後に分かりますので、1週間後にまた来てください。

と、言われたそうです。

家に帰ってきた夫が、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

検査の結果はまだ分からないけれど、お医者さんから
「リウマチの可能性がある」
って言われたよ・・・。

だから、こんなに痛みが続いた上に、腫れてきたのかなぁ・・・?

と言うのです。
夫の話を聞いて、わたしは

Pechiko

Pechiko

Yukiharuは、ただでさえ、うつ病の治療が長くなって大変なのに・・・。

息子・Senも起立性調節障害で苦しいし、学校にも行けないし。

娘・Mizukiだって、全身性エリテマトーデスで免疫抑制薬を服用しているから、コロナ禍で学校に行けない日々・・・。

これ以上、病気なんて嫌!
お願い、夫が何でもありませんように・・・。

と、夫が病気ではないことを祈るしかありませんでした。

管理人Pechiko

管理人Pechiko

長女が指定難病の「全身性エリトマトーデス(SLE)」を患う。長女の病気が寛解後、長男が「起立性調節障害(OD)」を患い、不登校になる。さらに夫は難病の「線維筋痛症(FM)」と「関節リウマチ(RA)」、「うつ病」を患う。元幼稚園教諭。その後は保育所や小学校の特別支援学級での勤務も経験する。現在は特別支援教育支援員・塾講師として、教育に携わっている。自己の経験を生かして、病気や不登校で学校に通えない子の教育について、発信していきたいと考えている。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA