ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

起立性調節障害で、宿泊研修に参加!【其の1】

2 min 178 views
起立性調節障害で、宿泊研修に参加【其の1】

宿泊研修、登校できず!

いよいよ起立性調節障害の息子・Sen宿泊研修当日

学校に集合する時刻は、朝の7:30
出発は8:00

いつもより早い時刻に登校するのです。

Pechiko

Pechiko

Sen、おはよう!

宿泊研修、行けそう!?

と声かけするも、やはり起立性調節障害の朝は辛いらしい・・・。

長男・Sen

長男・Sen

おはよう・・・。

宿泊研修、行きたいけれど、今はまだ行けない・・・。

体が動かない・・・。

パパに連れて行ってもらう・・・。

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

ということで、ここからは夫・Yukiharuの活躍です。
(※ 当時の夫・Yukiharuは、まだ病気ではなく、元気そのものでした。)

学校の先生と打合せの中で、朝、出発時刻までに登校できないときには、夫が現地まで連れて行くということになっていました。

そして、こうなることも予想して、前日の夜に、車の後部座席を倒し、布団を敷いておきました

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

Sen、大丈夫だよ!

朝の準備が終わったら、車で寝ていればいいからね!

寝ている間に、現地に到着するよ!

と、宿泊研修1日目は、夫が有給休暇を取得して息子・Senのサポートです!

息子・Senは、朝の準備を終わらせ、いよいよ出発!
みんなに遅れること1時間、午前9時に夫と一緒に自宅を出発しました。

現地での活動

ここからは、息子・Senと、夫・Yukiharuに聞いた話です。

現地までの道のり

車内では、

長男・Sen

長男・Sen

バスの中で、みんなで歌う予定だった曲をかけて~!

と言い、2人で音楽を歌いながら現地に向かったそうです。

大好きなアップテンポの曲を歌っているうちに、息子・Senの調子も少しずつ良くなったようです。
現地に到着する10:00頃には、自力でゆっくりと歩けるくらいに回復していました。

校長先生

校長先生

Sen君、よく来たね!

待っていたよ!

と、校長先生がすぐに対応してくれました。

担任の先生やクラスの友達が活動している場所に案内してもらい、息子・Senも活動開始です。

現地での活動「焼き板作り」

最初の活動は、焼き板作り。
ガスバーナーで板を焼いて焦げ目を付け、その後に装飾をして、オリジルの看板を作る活動です。

グループの友達と一緒に作業をして作ったのだそうです。

長男・Sen

長男・Sen

板を焼く場所は暑くて大変だったけれど、楽しくてあっという間に終わっちゃった!

久々に友達と一緒に勉強できたのも、すっごく嬉しかった

と、感想を言っていました。

友達と1時間以上の活動をすることなんて、数ヶ月ぶりです。
やはり、「宿泊研修」という特別な場所・時間が、病気の息子の背中を押してくれたのだと思います。

友達と一緒に昼食

午前中の活動を終えると、昼食の時間です。

担任の先生

担任の先生

Sen君、どう?

食べられそうかな?

長男・Sen

長男・Sen

うん、パンは食べられる

あとは気持ち悪いから、ちょっと無理かな・・・。

校長先生

校長先生

Sen君、食べてるね!

よかった!

と、担任の先生も校長先生も気にかけてくれて少しだけ食事を口に出来たそうです。

長男・Sen

長男・Sen

友達と一緒にご飯食べるの、すごく久々で、嬉しかった!

普段、全然食べられないのに、嬉しくていつもよりも食べられたよ!!

と、友達と一緒に食事が出来たことも、とっても嬉しかったようでした。

お休みタイム

ここまで、いつもでは考えられないくらい活動したので、疲れが出たようです。

長男・Sen

長男・Sen

気持ちが悪い・・・。

疲れてダルい・・・。

と先生に訴えて、

よく頑張ったね!

少し、休憩しようね。

と、青少年の家の医務室で休憩しました。

医務室では、

夫・Yukiharu

夫・Yukiharu

Sen、いつもより活動したねー!!

パパ、びっくりしたよ!

長男・Sen

長男・Sen

あのね、焼き板作りではね・・・

お昼ご飯ではね・・・

と、夫が息子・Senとそれまでの活動の振り返りをしていたそうです。
起立性調節障害のSenの活動量に、驚きです!!

そして、疲れたSenは、少しだけ夢の中へ・・・

宿泊研修は、まだ続きます。

管理人Pechiko

管理人Pechiko

長女が指定難病の「全身性エリトマトーデス(SLE)」を患う。長女の病気が寛解後、長男が「起立性調節障害(OD)」を患い、不登校になる。さらに夫は難病の「線維筋痛症(FM)」と「関節リウマチ(RA)」、「うつ病」を患う。元幼稚園教諭。その後は保育所や小学校の特別支援学級での勤務も経験する。現在は特別支援教育支援員・塾講師として、教育に携わっている。自己の経験を生かして、病気や不登校で学校に通えない子の教育について、発信していきたいと考えている。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA